華やかさも大事なメイク術

お葬式や結婚式など、冠婚葬祭に相応しいメイクを施すことは女性のマナーでもあり、周りと差を付けるのではなく、周りから浮く仕上がりになりやすく、女性にとって知っておきたい内容です。例えば、おめでたい席となるのが結婚式などのお祝いのシーンですが、濃いメイクは主役よりも目立ってしまいやすく、主役に華を持たせる意味合いも含め、上品さを意識します。ベースとなる下地にのみ、肌に艶を与える目的も兼ねてパール入りを使用することがポイントで、ファンデーションがテカり過ぎず、華やかさがありながらもキメの整った美肌に繋げられます。アイメイクは特に女性が意識したい部分であり、結婚式などではラメ入りでグラデーションを施し、上向きまつげにはボリュームよりもロングタイプのマスカラで上品さを意識します。また、唇にはグロスで輝きをプラスすることや、ペンシルで口角を上げるなど、年代にあわせてきちんと感を出すこともポイントですが、飲食を行うことからも、落ちにくいルージュ選びが必要です。

思い出に残る和婚を京都で

下鴨神社での結婚式はこちら

ニナファーム 大島

アール・エス・アセットマネジメント

ヤフーで簡単施設検索

関連メニュー

更新情報のお知らせ

Copyright冠婚葬祭 メイク All Rights Reserved.

冠婚葬祭 メイク